外部連携 AWS tag連携

AWS EC2タグ連携

AWSのEC2タグをFutureVulsのサーバタグに自動連携可能です。

外部設定でAWSの認証情報を設定している状態で、AWSで管理されているサーバをスキャンした時、 EC2のタグをそのままFutureVulsサーバタグに設定します。

例えば、AWS上で Key: ENV , Value: 本番 と設定してあった場合、 ENV:本番 というサーバタグが自動で付与されます。

これにより、EC2タグを用いて運用されている現場において、 FutureVulsのサーバタグにも自動で連携が可能となり、 自動トリアージルールの設定を簡略化出来ます。

なお、AWS EC2からタグを削除してもFutureVulsのサーバタグは削除されません。 EC2のタグの中からFutureVulsのサーバタグにないものを追加するという仕様です。