ペインとデータテーブル

ペインとデータテーブルについて

FutureVulsでは大量のデータを効率的に表示・管理できるようペインとデータテーブルを利用しています。

ペインとは、データのドリルダウンの階層を示しており、FutureVulsでは最大3階層、ドリルダウンをしながらデータを表示することができます。
また、データテーブルではインクリメントサーチやカラムの並び替えができます。

ペイン

FutureVulsのペイン階層構造は以下の通りとなっています。

image.png

第2ペインの一覧は第1ペインで選択した値でフィルタされて表示されます。

ペイン配置切り替え

デフォルトでは、左半分が第1ペイン、右上が第2ペイン、右下が第3ペインとなっています。

また右上のボタンからペインの配置を切り替えることができます。

切り替えできる配置は以下の通りです。

1. デフォルト表示

img

2. 縦長表示

img

各、スクリーンの向きや大きさに合わせてペインを表示することが可能です。
なお、ペインの表示切り替えは、ローカルに保存されるため、一度設定すると同じパソコンのブラウザでは常に同じ表示になります。

ペイン操作ショートカット

ショートカットを使って、ペインを操作することが可能です。
右上の「?」マークをクリックし、「ショートカット」をクリックするとショートカットのリストが表示されます。

img

jk でカーソルを移動して o でオープンするなど、最低限の操作はキーボードのみで行えます。

データテーブル

ソート

各カラムはクリックすることでソートをすることが可能です

img

インクリメンタルサーチ

各テーブルにはフィルタが設定されており、文字を入力することで、インクリメンタルサーチが可能です。

img

なお、フィルタアイコンをクリックすると、サーチの際には、さまざまなオプションを指定することができます。

img

カラム並び替え

カラムをドラッグすると、カラムの順番を変更することが可能です。
変更されたカラム順番はローカルに保存され、同じPCの同じブラウザで開いた場合は、同じカラム順番になるようになっています。

カラムの表示と非表示

表示項目の編集アイコンをクリックすると、表示項目をカスタマイズすることが可能です。

img

デフォルトで非表示となっているカラムもあるので、一度開いて設定すると、より見やすいリストを作成することが可能です。

img

カラムの表示は、項目を左側にドラッグドロップすることで設定可能です。

フィルタリセット

インクリメントサーチなどのフィルタが設定されている場合、上部のフィルタリセットのアイコンに数字が表示されます。

img

フィルタリセットのアイコンをクリックすると、各フィルタの内容を確認し、フィルタをリセットすることが可能です。

img

データ再取得

一度取得された一覧のデータは、ローカルにキャッシュされます。
初回のデータ取得に少し時間がかかりますが、次回以降はローカルキャッシュを使用してデータを表示するため、スムーズにデータを閲覧することが可能です。

このローカルキャッシュはデータを更新した際、リロードをした際、またはデータの再取得をした際に、最新のデータにリフレッシュされます。

img

データの再取得は、「データの更新」アイコンをクリックすると実行されます。

CSVダウンロード

各種一覧データはCSV形式でダウンロードすることが可能です。
フィルタやソートの設定を維持したまま、CSVのファイルは生成されます。

img

img