Fast, Fast-Rootスキャンモードの変更

FutureVulsでは、2種類のスキャンモードを備えております。

  • Fastスキャンモード

    • スキャナプログラム実行時にRoot権限が必要ないモード
  • Fast-Rootスキャンモード(デフォルト)

    • スキャナプログラム実行時にRoot権限が必要なモードであり、以下の追加情報を取得可能です。
    • 次回アップデート時に影響のあるプロセス
    • パッケージアップデートしたが再起動を忘れているサービス
    • サービス再起動用コマンドも表示可能

また、スキャン対象サーバがインターネットに接続できない環境でもスキャン可能なOfflineモードも指定できます。

スキャナ新規インストール時のモード選択

スキャナプログラムインストール時に、グループ設定>スキャナ画面でFast-Root, Fast, OFFLINEを選択可能です。

スキャナインストール後のモード変更

FastからFast-Rootへの変更

  • グループ設定>スキャナ画面でFast-Rootを選択して表示されているコマンドをスキャン対象のサーバ上で実行する
  • /opt/vuls-saas/config.toml内のscanModeを手動で変更する
scanMode = ["fast-root"]

Fast-RootからFastへの変更

  • /opt/vuls-saas/config.toml内のscanModeを手動で変更する
scanMode = ["fast"]
  • /etc/sudoers.d/vuls-saasを削除

Offlineへの変更

  • /opt/vuls-saas/config.toml内のscanModeを手動で変更する

Fastの場合

scanMode = ["fast", "offline"]

Fast-Rootではofflineスキャンをサポートしていません

Offlineの解除(ネットワーク接続あり)

  • /opt/vuls-saas/config.toml内のscanModeを手動で変更する

Fastの場合

scanMode = ["fast"]