SSVC

FutureVulsでは日々検知される脆弱性への対応に、カーネギーメロン大学考案のリスクベースでの脆弱性判断のための最新のフレームワークでありSSVC(Stakeholder-Specific Vulnerability Categorization)を利用可能です。

FutureVulsに搭載されたSSVCエンジンが優先順位を自動で導出し、自動トリアージ機能と連携させることで、判断からタスク指示までの自動化が可能になります。

設定方法の詳細は下記のページを参照してください。

  • SSVCの説明: FutureVulsでSSVCを利用するにあたり、SSVCそのものの説明や導出にかかる仕様などを記載しています。
  • SSVC設定方法: FutureVuls上でSSVCを利用するための設定方法をまとめています。

また、下記のページでSSVCの詳細やFutureVulsへの組み込みのイメージなどを解説しています。