優先度

優先度について

優先度は脆弱性、タスクに設定可能な4種類(high mediumu low none)の値です 優先度を適切に設定することで脆弱性対応の緊急度や深刻度をオーガニゼーション全体に周知したり、対応するタスクの優先順位グループ内で共通認識を持つことが可能です

優先度はオーガニゼーションで表示名を設定可能です 自社の基準・名称に合わせた名前に変更することでよりわかりやすく利用することが可能です

priority01

優先度の種類

優先度には「脆弱性優先度」と「タスク優先度」があります 脆弱性優先度は、グループ内共通の脆弱性に対して優先度を設定することが可能です タスク優先度は、個別のサーバに対するタスクに対して優先度を設定することが可能です

上書き可能な優先度と優先度の設定場所

脆弱性優先度

No 設定種類 設定場所
1 スペシャル警戒タグ オーガニゼーション設定
2 脆弱性詳細での個別手動設定 脆弱性詳細
3 自動脆弱性優先度設定 オーガニゼーション設定

タスク優先度

No 設定種類 設定場所
1 SSVCトリアージ オーガニゼーション設定
2 タスク詳細での個別手動設定 タスク詳細
3 自動タスク優先度設定 オーガニゼーション設定
4 脆弱性優先度からの継承 脆弱性詳細