外部連携

各種外部サービスと連携することで、より快適かつ安全に脆弱性を管理できます。

AWS連携

AWS連携は、AWS上にあるサーバやコンテナイメージの脆弱性管理を手助けします。

Cloud One連携

Cloud One連携は、CloudOneを導入しているサーバの脆弱性管理を手助けします。

  • FutureVulsで検知した脆弱性情報を基にCloud Oneの防御ルールを更新
  • CloudOneで防御している脆弱性のタスクを自動でWORK_AROUNDに更新

GitHub Security Alerts連携

GitHub Security Alerts連携では、GitHubリポジトリで検知された脆弱性をFutureVulsで管理できます。

GCP連携

GCP連携では、GCP Container Registry上で検知されたコンテナイメージの脆弱性をFutureVulsで管理できます。

Slack連携

Slack連携は、検知された脆弱性の日次サマリをSlackに通知します。