トピック

トピックについて

FutureVulsでは脆弱性の情報をグループ、オーガニゼーションで共有するトピックの機能があります。 脆弱性に対する調査結果や、危険度などを投稿し、組織内で知見を共有するための機能です。

トピックは脆弱性一覧から、脆弱性を選択した先でトピックを選択することで表示、作成できます。

image.png

トピック作成

トピック画面を開いて、タイトルとコメントを入力して送信するとトピックを作成できます。

image.png

トピック編集

トピック画面で、トピック横にある編集ボタンをクリックすると、編集することが可能です。

image.png

トピックの編集は、自分自身で投稿したトピック、または、グループ管理者しか行えません。

トピック削除

トピック画面で、トピック横にある削除ボタンをクリックすると、削除することが可能です。

image.png

トピックの削除は、自分自身で投稿したトピック、または、グループ管理者しか行えません。

トピックにコメント追加

トピックを開き、展開すると、コメントの表示、追加ができます。

image.png

トピックのコメントも編集、削除ができますが、トピック同様に、自分自身で投稿したトピックか、グループ管理者しか行えません。

トピックをオーガニゼーションで共有

脆弱性のトピックはオーガニゼーションで共有することができます。

オーガニゼーション共有設定をする

グループ設定にある、 CVEトピックをオーガニゼーション内の別グループで共有 をONにすることで、オーガニゼーショントピックが作成、表示可能です。

image.png

オーガニゼーショントピック作成

トピック作成時に オーガニゼーショントピック を選択することで、オーガニゼーショントピックを作成することができます。 グループトピック同様に、コメントを追加することができます。

image.png

オーガニゼーショントピックも通常のグループトピック同様に編集、削除が可能ですが、自分自身で投稿したトピックか、オーガニゼーションオーナしか行えません。

オーガニゼーショントピックと、通常のグループトピックは色分けして表示されます。

image.png

特に危険な脆弱性に対して注意喚起ができるように

脆弱性単位で情報共有が可能なトピック機能の投稿時にDangerを指定できます。 Dangerが指定された脆弱性は脆弱性のリストや詳細表示画面で目立つように表示されます。 社内のセキュリティ部門の方が、対応が必須な脆弱性を組織内に注意喚起するときに役立ちます。