トリアージ

対象サーバ追加直後の、最初の脆弱性対応判断と順位付けを行います。

基本的には以下のポリシーで処理するのが良いでしょう。

  • 許容する脆弱性を非表示にする
  • 残りの脆弱性は許容できないので、対応優先順位付けを行う

このチュートリアルでは、どのような方針で望むことができるのか、それをFutureVuls上でどのように操作するのか、を扱います。