ポータルサイトに関するFAQ

アップデートしてもタスクがPATCH_APPLIEDにならない

FutureVulsではパッチ未提供ステータスな脆弱性も検知可能です。 パッチがでているかどうかは、各グリッドの列に「パッチ提供済み」列がありそれぞれ

  • ○はパッチ提供済み
  • ☓はパッチ未提供な脆弱性

という意味です。該当タスクがまだパッチが出ていないものかを確認してください。

スキャン結果がFutureVulsに反映されるまでの時間は

数分です。

右上のメニューに、「グループ設定」が表示されない

グループ管理者権限がないとグループ設定メニューは表示されません。グループ管理者に依頼して、該当ユーザへグループ管理者権限の割当を依頼して下さい。

右上のメニューに、「オーガニゼーション設定」が表示されない

オーガニゼーション オーナ権限がないと表示されません。 オーナに依頼して、該当ユーザへオーガニゼーションオーナ権限の割当を依頼して下さい。

ユーザをグループから削除後、再度招待しても仮パスワードのメールが送付されずグループに参加できません

あるグループからユーザを削除すると、グループからは削除されますがユーザ情報としては残ったままとなります。ユーザは複数のオーガニゼーション、グループに参加可能であり、あるグループから削除しても他オーガぜゼーション、グループには参加したままとなるためです。 一度グループから削除したユーザを再度招待する場合は、招待されたユーザで再度ログイン後に招待を「承認」してください。 パスワードを忘れた場合は、ログイン画面の右下の「パスワードを忘れた人はこちら」からパスワードを再設定してログインしてください。 全オーガニゼーション、グループから退会する方法は解約方法>ユーザの退会

画面が崩れる。ポータルの新規機能が表示されない等

ブラウザ、もしくは通信経路にあるプロキシサーバがキャッシュしている可能性があります。 SHIFT+F5を押して、キャッシュを削除してから再度アクセスしてみて下さい。

同じサーバが2つ表示されている理由を知りたい

FutureVulsではサーバUUIDと呼ばれる一意のIDを用いてサーバを識別します。
サーバUUIDはスキャナプログラム內部で自動発番され、スキャン結果とともにFutureVulsクラウドサービスに送信されます。
同一のサーバをスキャンした場合でも、config.toml内のUUIDが変更された場合は、FutureVuls內部では異なるサーバとして認識されます。
意図せずに同じサーバが複数登録されてしまった場合は、サーバを削除を参照してFutureVuls上からサーバを削除してください。
スキャン履歴サーバUUID列にはスキャン結果に含まれているサーバUUIDを確認できます。どのサーバを削除するかの参考にしてください。

メールアドレスを変更したい

仕様によりメールアドレスは変更できません。 新規登録後、ユーザの退会を行ってください。

新規登録したユーザをオーガニゼーションオーナやグループ管理者にする場合はユーザ権限の変更を参考にしてください。

請求書を画面上で確認したい

カード払いの方は画面上で請求書を表示可能です。 右上の人形アイコン>オーガニゼーション設定>請求書を表示してください。 請求書の表示はオーガニゼーションオーナー権限が必要です。 ファイルとして保存したい場合は、ブラウザの印刷機能でPDFなどで保存してください。

image

レポート作成機能はありますか?

FutureVulsには現時点でレポート作成機能はありません。 各社でレポートフォーマットが異なっているため、統一した形式のレポートをご提供するのが難しいためです。 その代わりにCSV形式でダウンロードしていただき、Excelなどで自由にレポートを作成していただくことが可能です。

CSVは各画面上の「CSVダウンロード」ボタンからダウンロード可能です。 それぞれの画面からダウンロードし、Excelの機能やコマンドラインツールなどで、CVE-IDをキーにしてPC側でJOINする方法も考えらます。 詳細はCSVダウンロードを参照ください。

また、「タスク」>「CSVレポート」ボタンを押下すると、タスクと脆弱性の詳細情報を含むCVSデータをダウンロード可能です。 「タスク」>「CSVレポート」のデータは押下時の最新情報ではなく、毎日朝8時に作成されたデータとなります。 image

MFAの無効化方法は?

2020年6月1日現在、画面上からMFAを無効、再設定はできません。お手数をおかけしますがお問い合わせフォームよりご依頼ください。