Linux OSパッケージスキャン

2021年10月現在、Linuxのパッケージマネージャ管理下のソフトウェアの脆弱性は以下の方法で可能です。

  • Vulsスキャン
  • trivyスキャン(Dockerイメージ)
  • ペーストスキャン

それぞれの特徴を説明します。

Vulsスキャン

Vulsのスキャナ経由でスキャンし構成情報をクラウドサービスにアップロードする方法です。 スキャン対象は対応環境を参照してください。

コンテナスキャン

コンテナレジストリにあるイメージは、trivyを用いて検知し、FutureVulsにアップロードする方法がおすすめです。CI/CDパイプラインに組み込みも可能です。 スキャン対象は対応環境を参照してください。

クラウドサービスのコンテナレジストリと連携する方法も用意しています。こちらはAWS・GCPのDockerRegistryに対応しています。 スキャン対象は対応環境を参照してください。

ペーストスキャン

  • インターネットから隔離された環境
  • スキャナプログラムをサーバにインストールできない環境

のような、FutureVulsのスキャナの導入が難しかった環境をサポートします。

サーバ上でいくつかのコマンドを実行し、結果をFutureVuls画面上にペーストするだけで登録完了です。 以下のステップで簡単に登録できます。

  • サーバ > サーバ追加 > PASTEサーバ追加
  • サーバ名を入力
  • OSの種類を選択
  • OSのバージョン情報をペースト
  • 実行中のカーネルリリースの情報をペースト
  • インストールされたパッケージリストをペースト

スキャン対象は対応環境を参照してください。

PASTEサーバ追加 PASTEサーバ追加ボタン

サーバ名・OSの種類などを入力・ペースト image

インストールされたパッケージリストをペースト image

登録後は画面上から手動スキャンすることで、実機にアクセスすることなく、新規公開された脆弱性を検知可能です。

該当サーバのパッケージをアップデートして構成情報を変更した場合は、サーバ詳細画面内のサーバ情報 > 編集 ボタンから更新してください。

次回のスキャンでは、更新された構成情報を元に検知処理が実行されます。また、パッケージアップデートにより解消されたタスクは「Patch_Applied」ステータスに自動変更されます。

OSパッケージスキャンの仕組み

Linuxのパッケージはバックポートの仕組みでアップデートが提供されます。 FutureVulsでは、Linuxディストリビューターが提供するSecurity TrackerやOVALを用いて検知処理を行います。 これらの脆弱性DBは、各OSに対応する「実際にバックポートされたバージョン番号」が書かれているため、正確に検知できます。

各スキャン方法の詳細な検知ロジックはOSSのソースコードを参照してください。

また、OSやパッケージのCPEを登録して正確に脆弱性を検知できますか、とよく質問されます。 以下の理由により誤検知が多発するためOSパッケージはCPEスキャンでは非推奨です。 詳細をFAQ>CPEスキャンに記載しましたので気になる方は一読ください。