ユーザ・プロフィール

ユーザの設定は右上アイコンの「プロフィール」から設定できます。

ユーザ、オーガニゼーション、グループの構成

FutureVulsでは、1つのアカウントで複数のグループやオーガニゼーションを管理できる仕組みになっています。

ヘルプのグループ・オーガニゼーション もあわせてご覧ください。

image.png

ユーザ、オーガニゼーション、グループの構成
  • オーガニゼーションの配下にグループを作成できる
  • ユーザは複数のオーガニゼーション・グループに所属できる
  • グループに所属しているユーザはそのグループのオーガニゼーションにも所属することになる
  • オーガニゼーションに所属しているが、グループには所属しないユーザも存在する
  • オーガニゼーションに1つも所属していないユーザも存在する

オーガニゼーションとグループとユーザの管理方法の詳細はユーザ管理を参照下さい。

ユーザ設定

プロフィール

image.png

ユーザプロフィールでは「ユーザ名の変更」「パスワードの変更」「二要素認証の設定」ができます。
ユーザ名は全てのオーガニゼーション、グループで共通です。ここで設定したユーザ名が全てのグループで利用されます。

また、招待されているグループがある場合、このプロフィールページに招待を承認するかのダイアログが現れます。
招待を承認したグループや作成したオーガニゼーションは所属情報から確認できます。

二要素認証

FutureVulsにはTOTP(Time-based One-time Password)が実装されています。
脆弱性情報はとても機密性の高い情報なので、可能な限りTOTPの設定は行いましょう。

まずは、ユーザ設定 -> プロフィール 画面に遷移し、 二要素認証の有効にする というボタンをクリックします。
image.png

そうすると、TOTPのコードが発行され、ワンタイムパスワードを管理できるようになります。
image.png
このQRコードを Google Authenticator や IIJ Smart Key などのトークンソフトウェアで管理すれば設定完了です。
次回ログイン時から、TOTPの認証も必須となります。
無効にする際は、有効時と同様に 無効にする というボタンをクリックすると、無効化されます。

所属情報

ユーザ設定の所属情報では、自分が所属している全てのオーガニゼーションとグループを確認できます。
image.png

所属情報では、所属しているオーガニゼーションとグループが一覧表示されます。
グループの行をクリックするとそのグループの設定画面に遷移します。

オーガニゼーション内のグループ間移動は、ヘッダー左上のグループ名をクリックしても行うことができますが、 オーガニゼーション間の移動は所属情報を経由する必要があります。
ただし、FutureVulsはほとんどのページをURLで切り分けて管理しているため、URLを直接叩くかブックマークを登録することでダイレクトに移動可能です。