スキャナ全般のFAQ

スキャン可能なOS

脆弱性スキャンが可能なOSはこちらです。

通信要件

FutureVulsサービスからスキャン対象環境への通信は発生しません。 認証やスキャン結果アップロード時にスキャン対象環境からFutureVulsへのoutgoingの通信が発生します。 スキャン対象環境にて「外向きの通信」が制限されている場合は以下の資料を参照し、該当するFQDNへのoutgoingを許可してください。

Amazon S3のエンドポイントからスキャナをインストールする場合

スキャナのインストールはAWS S3に配置されているバイナリをインストールします。AWS環境上のサーバにて、S3への通信が制限されている場合は、該当するエンドポイントのポリシーにおいて、““arn:aws:s3:::installer.vuls.biz/*“リリースへの"s3:GetObject"アクションを許可ください。

  • ポリシー例
{
    "Version": "2012-10-17",
    "Id": "XXXXXXXXXX",
    "Statement": [
        {
            "Sid": "XXXXXXXXXXXX",
            "Effect": "Allow",
            "Principal": "*",
            "Action": "s3:GetObject",
            "Resource": "arn:aws:s3:::installer.vuls.biz/*"
        }
    ]
}

Amazon S3のエンドポイントからスキャン結果をアップロードしたい場合

該当するエンドポイントのポリシーにおいて、“arn:aws:s3:::vuls-results-tmp-prd/*“リリースへの"s3:PutObject"アクションを許可ください。

  • ポリシー例
{
    "Version": "2012-10-17",
    "Id": "XXXXXXXXXX",
    "Statement": [
        {
            "Sid": "XXXXXXXXXXXX",
            "Effect": "Allow",
            "Principal": "*",
            "Action": "s3:PutObject",
            "Resource": "arn:aws:s3:::vuls-results-tmp-prd/*"
        }
    ]
}

プロキシ環境内のサーバのスキャン

『インストール時』・『スキャン結果のアップロード時』に、スキャン実行サーバからインターネットへのアクセスが発生します。

プロキシ環境内のサーバをスキャンする際には プロキシ設定 のページを併せてご覧ください。

プロキシ環境下でログファイルにエラーが出てスキャン結果が反映されない

スキャン時に下記のエラーがでた場合は、環境変数から HTTPS_PROXY を削除して再度実行してください。

"Failed to report. err: Post https://auth.vuls.biz/one-time-auth: proxyconnect tcp: tls: first record does not look like a TLS handshake"

スキャンエラーメールが送信され続ける

件名: [FutureVuls] [ScanAuth]スキャンの認証でエラーが発生しました

解約、退会するためには下記ページの作業をすべて実行してください。

トライアル期間終了後に上記メールが送付され続ける場合は、 まだどこかのサーバにスキャナがインストールされたままであり、 FutureVulsにデータをアップロードし続けている状態です。

スキャン対象サーバ上にて特権ユーザでコマンドを実行ください。 スキャナの削除が完了するとメールは送付されなくなります。

スキャナの更新時にダウンタイムは発生しますか

いいえ。FutureVulsのスキャナはスケジュールされたタイミングでスキャンを実行します。 何らかのプロセスが常駐しているわけではなく、スキャナの更新がアプリケーションの通信を阻害することはありません。

スケーラブル環境のスキャンライセンスはどうなりますか

FutureVulsでは、UUIDを用いてサーバを一意に識別しています。 スケーラブル環境にて、同一構成が保証されているサーバの脆弱性管理をFutureVuls上で1つのサーバとしてまとめて問題ない場合は、代表サーバ一台にのみスキャナをインストールするか、環境内の全てのサーバで同じUUIDを設定してください。

UUIDの設定ファイル

  • Linux: /opt/vuls-saas/config.toml
  • Windows: C:\Program Files\vuls-saas\config.toml

スケーラブル環境においても別のサーバとして識別したい場合は、それぞれのサーバでインストールコマンドを実行し、別のUUIDを割り当ててください。 (UUIDはスキャナをインストールしたあと、初回スキャン時に自動で生成されます)

AWS AMIを使った例

AWS環境にて、AMIを用いてスケーラブル環境のスキャンを行う場合は次の手順に従ってください。

  1. AMIの元となる代表インスタンスにスキャナをインストールする
  2. UUIDを生成するために一度スキャンを実行する(スケールアウトされたサーバを個別に管理したい場合はスキップ)
  3. 代表インスタンスからAMIを作成する
  4. スケールアウト時は3で作成したAMIを使用する